「独身の交際相手なし」過去最高、男性7割 女性も6割


TBS系 9月15日 配信 より抜粋

「独身の交際相手なし」過去最高、男性7割 女性も6割

 

TBS系(JNN) 9月15日(木)19時40分配信

結婚していない人のうち、異性の交際相手がいない人の割合が男女ともに過去最高になったことが分かりました。

 

国立社会保障・人口問題研究所が去年6月に18歳から34歳の未婚の男女およそ5000人らを対象に調査した結果、結婚願望がある人が男女ともに8割を超える一方、「異性の交際相手がいない」人の割合が男性で7割、女性で6割と、5年前の前回調査から1割近く増えて、ともに過去最高でした。結婚のハードルとしては男女ともに4割以上が「結婚資金」を挙げています。

 

夫婦を対象にした調査では生涯に持つ子どもの数が前回に続き2人を下回り、1.94人と過去最低になりました。一方、妻が1人目の子どもの出産後も仕事を続ける割合は、これまでの4割程度から、53.1%に増えています。(15日18:02).

こんな記事がありました。

また、この記事へ

新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科 碓井真史 教授(社会心理学)が

面白いコメントを寄せています。

2013年版厚生労働白書では、異性の交際相手も友人もいない割合は男性で6割、女性で5割でした。
交際相手がいない人は、増え続けているのでしょうか。

 

心理学の研究によれば、青年たちがイメージするモテる人は、典型的な美男美女です。
さらに、恋人がいない人は価値が低いと感じている若者も大勢います。

 

事実は異なるのに、
このように思い込んでしまえば、交際相手がいない若者はますます自信を失い、 積極的行動が失われます。

 

結婚における「お見合い率」は、1930年代は70%。1960年代になると50%。
1980年ごろには25%です。昔は、恋に消極的な人も、周囲が結婚させました。
しかし現在のお見合い率は
6%ほどです。

 

お金の問題もあるでしょうが、結婚を望むなら、思い込みを破り、積極的に婚活をしましょう。
恋愛心理学の「マッチング理論」によれば、人は美男美女ではなく、
自分につり合った人を好きになるのですから。

 

と。さすが教授ですね。

短い文章の中に、端的に要点をついていると感じました。

 

このシネマチッククッキング講座においても、

見た目の美しさよりも、内面的な輝き(自信)が大切だと伝えています。

男性に「自分に合う女性だな」って思わせることで、

恋愛の成功=結婚を手に入れられるのではないでしょうか?

その時、

最大にして最高の武器が、

料理だと僕は思っています。

なので、今後も

自信を持ってこの料理術(シネマチッククッキング)をお伝えしていこうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。