はじめ人間ギャートルズ理論・・・昭和過ぎてわかりませんと言われた(涙)


屋外で食べる食事ってなぜおいしいのか?

 

これについて説明する時、

僕はいつも、

はじめ人間ギャートルズ理論なるものを展開します。

しかし、

必ずと言って言い程、

『昭和過ぎてわかりません』

とか、

『ジェネレーションギャップでついていけません』

と言われます。

 

なので、少々、説明しますね。

 

キャンプやBBQなど、屋外で食事をすると、

めちゃめちゃ美味しく感じた経験ありませんか?

僕は、いつも感じます。

そして、必ずはじめ人間ギャートルズの話をします。

(だから昔過ぎてわからないって)

ツッコミを感じますが、

 

めげずに続けると、

 

昔むかし、人間が狩りをしている時代。

人間の初期も初期の頃の話。

縦穴式だか、横穴式だか、どちらにしても、

そんな住居さえなかった時のこと。

人間は空の下で食事を摂っていたのでしょう。

当時は空腹を満たすためだけに、食事をしていました。

きっと、生きるか死ぬかの瀬戸際で狩りをし、

やっとの思いで食事にありつけた時代だったのです。

 

その時代を表現したアニメが、

「はじめ人間ギャートルズ」です。

そのアニメでは、槍をもった男たちが、マンモスを捕まえ、

その男たちの群れの仲間のために獲物として持ち帰る姿が描かれています。

まさに、生きるか死ぬかの瀬戸際の中、

やっとの思いで捕まえた獲物を、

空の下で、焼いて食べる光景です。

 

その時、感情豊かな生き物である人間は、

「生き延びれる」以外に、

きっとこうも思ったでしょう。

「おいしい」と。

 

経験あると思います。

本当に空腹のときに食べた食事が、

めちゃめちゃ美味しかったことを!

 

僕は思います。

その時の記憶がDNAとして人間の記憶の奥底にに刻まれていると。

(なんだか壮大な話になっていないか?)

いや、断言します。

刻まれてるんです!

 

だから、

空の下では美味しいんです!

これを僕は

「はじめ人間ギャートルズ理論」と名づけました!

 

そんな、DNAレベルでおいしいと思わせることができたら、

いいと思いませんか?

しかも大好きな彼に、そう思ってもらえるとしたら、

「やったー」って思いませんか?

 

もし、それを望むのであれば、

もうお分かりですね!

空の下で、ご飯を作ってあげて、

食べてもらえばいいんです!

手作り弁当でもいいでしょう。

BBQの時に率先して、作ってあげて食べてもらうでもいいでしょう。

 

このように、シチュエーションも考慮し、

その効果も筋書きに入れるのが、

シネマチッククッキングなのです。

(なんか最後無理やりですね)

 

以上!!!!

 

追伸、

今日は、ツッコミ役が隣にいました。

事後報告ですが(笑)

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。